トイレの回数が異常に多い

トイレの回数が異常に多い

夜中に何度もトイレに行ってしまう

トイレが近い頻尿の症状は夜寝るときによく現れます。寝る前にしっかりトイレを済ませたのに、布団に入って寝入る瞬間に目が覚めトイレに行きたくなります。

 

それからまたトイレに行き、これで落ち着いてくれればその日はまだいい日です。酷いときは同じように再度トイレに行ってもまたすぐにトイレに行きたくなって、何度もトイレのために目を覚ますなんて夜もあります。

 

そんな日は一晩まともに寝られずに終わるなんてこともあります。毎日ではないものの度々このような、トイレに行きたくなって満足に寝られない日ができると寝るのが不安になってきます。そのためにしっかりトイレに行っておこうと、寝る前のトイレが長くなってしまいます。

 

冬場はトイレが近くなりやすいけれど昼間はそんなに頻繁にトイレに行きたいとは感じません。夜寝る間だけトイレが近くて目が覚めてしまいます。

 

あんまり気にしすぎて強迫観念のようにトイレに行かなければと思ってしまうのが原因かなと、自分では考えています。そして、年齢を重ねると膀胱が硬くなると聞いたことがあります。
膀胱が硬くなると一度に出る尿の量が限られてしまい何度もトイレに行きたくなるそうです。

 

私の場合、前者後者のどちらもあるように感じます。

 

なのであんまりトイレに行かないとと思い込まないようにする、硬くなった膀胱を柔らかくする、の2つに気を付ければ解決するはずです。

 

調べたら膀胱の硬さを解消させる運動があったのでそれを続けてみて、気楽な気持ちで寝られるように心がけてみることにします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

不妊治療


ホーム RSS購読 サイトマップ

先頭へ戻る